審査員

第5回新潟ジャズコンテスト 審査員


宮本 貴奈 Takana Miyamoto
茨城県結城市出身のピアニスト・作曲家。幼少からエレクトーンを学び、14歳で作曲家になると決意、ピアノに転向、高卒後米国バークリー音大の映画音楽学科に留学。卒業後NYへ拠点を移し全米エドマンピアノ大会で優勝、ジョージア州立大院卒。米国(ボストン、ニューヨーク、アトランタ)と英国(ロンドン、オックスフォード)に19年在住、コンサート,レコーディング、作・編曲、プロデュース、映画音楽、教育等、活動は約30ヶ国に渡る。ソロ活動の傍ら、リズ・ライト、カーク・ウェイラム、アイリーン・キャラ、アール・クルー、ニーナ・フリーロン、レネ・マリー、ラッセル・ガン、クリス・ポッター、ダニエル・ホー等グラミー賞アーティスト他と共演。1998~2003年、ニーナ・フリーロン(v)のワールドツアーに参加。ピアノ・編曲・音楽監督を担当したアルバム「Soulcall」は、2001年グラミー賞2部門でノミネート。カーク・ウェイラムとの連名作「Promises Made」は、全米ジャズチャート5位にランクイン。二年連続「アトランタベストジャズアクト」「ジョージア州で最も影響力のある女性100人」、「ジョージア州で最も影響力のあるアジア人25人」他、受賞。2003年音楽界での実績により米国永住権取得。ジョージア日米協会名誉会員。2013年、宮本貴奈NYトリオ「オン・マイ・ウェイ」で日本デビュー、Jazz Life誌「アルバムオブザイヤー」で全世界のデビュー盤のベスト2枚に認定。中西圭三、佐藤竹善、TOKU、伊藤君子、Shanti、ギラ・ジルカ、ケイコ・リー、河村隆一、サラ・オレイン等ボーカリストとの共演や、小沼ようすけ(g)とのデュオ「ダブルレインボー」、中西圭三(v)と狩野泰一(篠笛)との「WAOTO」等コラボも展開。溝口肇(Cello)、日野皓正(Trp)、狩野泰一(篠笛)、金子竜太郎(和太鼓/チャッパ)他とのジャンルを超えた共演、TOKU、伊藤君子(v)、狩野泰一(篠笛)他のサウンドプロデュース担当、ビッグバンドやオーケストラアレンジも手がける。映画「ふるさとがえり」「十字架」「種まく旅人」「惑う〜After the Rain」、NHK「日本の話芸」他の音楽を担当、映画『マーチング〜明日へ』では、音楽監督とピアニスト役を担当、日野皓正と映画に出演。国立音楽大学ジャズ科講師、結城紬大使。2015年、TMO project 「People Talk」と、GG「Ruby Road」を発表。2017年には活動20周年を迎える。
宮本貴奈 HP・コンサート情報等:www.takana.net
FB page:TakanaMusic / Twitter:TakanaMiyamoto

後藤 丹 上越教育大学大学院教授・作曲家

菅又淑子 新潟洋楽協会会長・日本ピアノ教育連盟新潟地区副責任者

中林恭子 フルーティスト・新潟県立新潟中央高等学校音楽科非常勤講師

柳本幸子 ソプラノリリコ・演奏家・コンサート企画・声楽指導者

石川真理子 柏崎ジャズライヴを聴く会主宰・柏崎音市場代表世話人

石山経麻朗 ギタリスト・作曲家・音楽教育家